保険に月2万円以上支払っている人は見直したほうがいいぞ、マジで。

こんばんは!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

今日は地元須賀川の花火大会!

実家に帰ってきています。

久しぶりに家族揃ってビールを飲みながら、バーベキューです。

花火は音だけ楽しみます(笑)

さて、私は「保険をしっかり見直せば、保険料は月2万円以内に収まる」と言っています。

一人2万円じゃなく、家族全体で2万円以内。

もちろん団体保険と民間保険を合わせた額です。

逆に言えば、「月2万円以上の保険料を支払っているのなら、必ずどこかにムダな保険がある」ということ。

これは、今まで何十組という自衛官の保険の見直し相談を受けてきた、私の経験から言えることです。

先日、保険の見直し相談だったプレミアム隊員Kさんもその一人。

40代のKさんは夫婦で月48,000円もの保険料を支払っていました。

それが見直した結果、月17,000円ほどになりました。

その差は月31,000円。

月31,000円も自由に使えるお金が増えたということは、一気に5年分昇給したのと同じということ。

年間で考えれば、37万円も自由に使えるお金が増えたことになります。

(年払いのドル建ても解約する方向なので、それも合わせると年間50万円の見直し効果に!)

保険を見直した場合と、見直さなかった場合。

10年後どれくらいの違いになってるでしょうか?

そう考えるとスゴイでしょ。

年間隊員Kさんも仰っていました。

「今までどれだけムダなお金を払ってきたんだろう・・・」

自衛官の場合は、保険にお金を払いすぎているケースが特に多いです。

何度も言うようですが、保険に月2万円以上支払っている人はマジで見直したほうがいい。

それだけで、あなたの給料は上がります。

最後に、今回の相談者Kさんの団体保険の見直し前と見直し後の画像を張っておきます。

団体保険だけで、8,000円近くの見直し効果が出ていますよ^^

(※民間の医療保険は、日額5,000円のものに加入)

【見直し前】保険料 14,840円


【見直し後】保険料 7,020円

ムダなお金を払うということは、自分で給料を下げているのと同じこと。

「給料が低い!」

と文句を言う前に、まずは自分で給料を下げていないかを振り返ってみてくださいね。

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした!

スポンサーリンク