迷っているくらいなら、さっさとやりなはれ。

こんにちは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

今日は予約投稿でお送りします。

月曜日の夜まで音信不通になりますので、ご了承ください。

スポンサーリンク




やってみたいけど…ループ

「やってみたいな」「買おうかな」と思った時、迷うことってありますよね。

私もめっちゃ悩みます。

自衛隊辞めるときも、ずいぶんと悩みました。

何か買うときも、すんごく悩みます。

「どうしよっかな〜。欲しいな〜。でもお金かかるしな〜。でもこれがあったら、すごい役に立つだろうな。でもな〜」

みたいなことをループしませんか?

でも、あるとき思ったんです。

「あ、コレ迷っている時間がもったいない!

こんなに何日も迷ってモヤモヤしているくらいなら、さっさと買って(やって)スッキリしたほうがいいな」

って。

戦場の霧は2割晴れればGOサイン

もちろん、失敗したり「やっぱそうなるよね」とか「あ〜やめときゃ良かった」ってこともたくさんあります。

でも、それ以上に気持ちはスッキリします。

人は「問い」を持った時、無意識に答えを求めます。

答えを求めるので、なんであれ結果が出ればスッキリして、「よし次行こう」となります。

逆にやらずに「やっていたらどうだったかな?」という問いは、答えが出ません。

答えが出ない未完の状態って、すんごいモヤモヤしますよね。

そのモヤモヤを解消する方法はただ一つ。

それは・・・

やってみること。

もうね、いつまでも迷っているくらいなら、さっさとやりなはれ。

やってみて体験してみれば、分かるから。

保険の見直しでも投資でもiDeCoでも、やってみればいい。

知識をつけるのは大事だけれど、実行しないで知識ばかり得ても、逆に行動できなくなったりします。

戦場の霧も、二割晴れればGOサイン。

仮面ライダーディケイド並みに、「話はだいたい分かった」と言って行動し始めるのが吉。

知識50+体験50=100点くらいの気持ちで、気楽にいきましょう。

損すまいと思うほどに損をする

「やりたいけど・・・」と、一人で悩んでいるその時間がもったいない!

「やっぱ分からないや」と結局やらないのは、もっともったいない!!

損すまいと思えば思うほど、実はもっと大きな損をするものなのです。

しかも知らず知らずのうちに。

迷っているくらいなら、さっさとやりなはれ。

結局はそれが一番損しないし、人生を楽しく軽やかに生きるコツ。

大丈夫、私もたくさん失敗しているけれど生きてますから(笑)

合言葉は、ガンガン行こうぜ!

家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

スポンサーリンク