災害に備えてる?これは最優先で準備しよう!

おはようございます!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

台風に地震、噴火に津波・・・

何かと災害の多い我が日本。

そんな災害大国に住む私たちですが、災害への備えはしていますか?

スポンサーリンク




防災バックを作ってますか?

東日本震災以降、防災バックなどを作っている方も多いと思います。

もちろん我が家も作っています。

はインターネットでいくらでも調べられますから、そういった情報をもとに防災バックの中身を決めている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そういった情報には正反対のことを言っていたりするモノも多く、どっちが正しいの?と迷ったりもしますよね。

そこで今回は、東日本大震災を通して実体験したオススメの防災グッズを紹介します。

最優先で準備すべき防災グッズ

今回のテーマは・・・

”光”

光に関する防災グッズをご紹介します!

災害が夜に起こった場合、電気もガスも途絶えた真っ暗な中を避難しなければなりません。

普通の生活の中で”本当の真っ暗闇”は、経験することができませんが、震災の時はまさにその”本当の真っ暗闇”になりました。

星が今まで見たことがないくらいきれいに見えるくらい。

その時にちゃんとした”光”が準備できているかどうかは、生死に直結するくらい重大なこと。

よって、”光”は数ある防災グッズの中でも、最優先で準備すべきものなのです。

あなたは電気もガスも途絶えてしまった夜、どうやって明かりを灯しますか?

もしや懐中電灯を準備しちゃってませんか?

安くてもいいので、こういうタイプのものを準備しておくことを、強くオススメします。

懐中電灯で準備している人、要注意ですよ~。

なぜ懐中電灯ではなく、ヘッドライトがオススメなのか。

こちらの動画の中で詳しくお話していますので、ぜひ御覧くださいね。

《動画》防災ライトは断然コレ推し!【防災用品の選び方】

自衛官は家族を守れない

あなたが被災した時、おそらく旦那さんはいないでしょう。

なぜならば災害派遣に出動してしまうから。

自衛官はいちばん大切な家族よりも、任務を優先しなければいけない宿命を背負っています。

私も東日本大震災のときにそれを、身をもって実感しました。

その時にお子さんを守れるのは、母親であるあなただけです。

なんとなく準備するのではなく、本当にお子さんを守れる準備しておきましょう!

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした!

==========================================

家計防衛隊へのご相談をご希望の方はこちらから!

相談メニュー

==========================================

家計防衛隊
隊長 佐々木拓也

〒999-3751
山形県東根市若木通り一丁目38-22

TEL          0237-53-0813
Mail         taicho@kakeibouei.com
Twitter     https://twitter.com/kakeibouei
Facebook https://www.facebook.com/solo.trek
YouTube  https://www.youtube.com/user/kakeibouei

==========================================

スポンサーリンク