投資信託

仮想通貨と投資信託。金融機関が破綻した時、あなたの資産は守られるのか?

こんにちは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

先日仮想通貨が580億円喪失したというニュースがありました。

あのニュースを見て、「投資ってやっぱり怖いな」と感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨と私がオススメしている投資信託では、金融機関が破綻した時の投資家保護の仕組みが大きく違います。

今回はハッカーの攻撃による流出ということですが、このままでは今回の事件の中心にいるコインチェックと言う会社が破綻する可能性も指摘されています。

 

金融機関が破綻した時、私達の資産はどうなるのでしょうか?

イザという時、あなたの資産がどうなるのか?

投資家保護の仕組みを知っておくことは、リスク管理の上でもとても大切。

逆に言えば、投資家保護の仕組みの整っていないところへの投資は、とてもリスクが高いということです。

そのあたりを動画で解説しましたので、ぜひご覧ください。

他にもこんな記事を書いています

メリット?デメリット?iDeCoは◯◯歳まで引き出せません!こんにちは! 家計防衛隊長 佐々木拓也です。 税金も優遇され、将来のための資産形成にもってこいのiDeCoですが、一...
【会員限定】インデックス投資家目線から徹底検証!!SBI証券iDeCoの新プラン『セレクトプラン』は、楽天証券から乗り換える価値はあるか会員の皆さん、こんにちは! 家計防衛隊長 佐々木拓也です。 今日はiDeCoの話題です。 11/1からSBI証...
ABOUT ME
家計防衛隊長 佐々木拓也
元陸上自衛官にして、日本唯一の自衛官専門ファイナンシャルプランナー。好きなテーマは、保険の見直しとiDeCoをNISAを活用したインデックス投資。 趣味はデュエマ、カメラ等ガジェット好きでApple党。 アウトドアを復活しようか模索中。 好きなアニメは『魔法少女まどか☆マギカ』でマミさん推し。 男女女の三児の父。

コメントはお気軽に!