【質問】住宅ローン(フラット35)の団信の代わりに団体生命保険は使えますか?

こんにちは!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

マイホームを購入する際は、ほとんどの方が住宅ローンを組みますよね。

住宅ローンを組むと、基本的に”団体信用生命保険”に加入することになります。

団体信用生命保険(団信)と言うのは、住宅ローン契約者(多くの場合旦那さん)に万が一のことがあった時に、住宅ローンをチャラにするものです。

これがあるから、万が一のことがあってもマイホームを手放さなくて済むのですね。

その団信について、ブログ読者さんからこんな質問をいただきました。

==================

現在、住宅購入を検討しています。

ローン借入れ額は3000万円で、フラット35Sを検討しています。

主人は現在40歳。退職は14年後です。

ローンは退職時に繰り上げ返済する予定です。

(退職金とは別に、貯蓄で賄うつもりです)

今後14年間のリスクに備えればられればと思っています。

そこで民間の団信ではなく、防衛省共済の団体生命保険で代用できるかどうかと考えています。

(中略)

佐々木隊長はどの様にお考えになるのか、お聞かせ頂ければ幸いです。

==================

団信は通常の住宅ローンであれば自動的に加入することになります。

しかし、質問の中に出てくる”フラット35”というタイプで住宅ローンを組んだ場合、団信への加入が任意になります。

もし加入する場合は、住宅ローンとは別に団信の保険料を払う必要が出てきます。

しかも、その保険料が結構高いんですよ(汗)

そこで質問者さんは、「団信の代わりに自衛隊の”団体生命保険”が使えないか?」と考えたわけですね。

さて、あなたはこの案、どう思いますか?

イケルと思いますか?

さて、隊長はどう答えたのか?

私はこう答えました^^


ぜひ答え合わせしてみて下さいね!

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした。