「変額保険はプロの投資家に任せられるから、投資の知識はいらないし安心だ」と言われました。

こんばんは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

先日、ブログ読者の方からある質問を頂きました。

その方は、保険屋さんから変額保険を勧められたそうなのですが、その中でこういうことを言われたそうなのですね。

 

「 変額保険はプロの投資家に任せられるから、投資の知識はいらないし安心だ」

変額保険は投資の知識不要!?

「将来の資産形成」ということで変額保険を勧められた経験をお持ちの方も多いかと思いますが、もしこういう勧め方をしてくる保険屋さんと出くわしたら注意してください。

・プロの投資家に任せられるから、投資の知識はいらない

これは明らかに間違いだし、危険な考え方です。

 

 

例えば、ソニー生命の変額保険に関するパンフレットには、こういう記述があります。

特別勘定の選択はお客様個々のご事情に合わせて、最終的にはご自身の判断で決定いただきますようお願いいたします

 

アクサ生命の変額保険のパンフレットにもこういう記述があります。

特別勘定資産の運用実績が積立金額に直接反映されますので、これらのリスクはご契約者に帰属し、ご契約者が損失を被ることがあります。

 

つまり、投資の知識がなくて適当に選んだ運用方法で損失があっても、それは選んだあなたの責任なのです。

 

いいですか?

大事なことなので、もう一度言いますよ。

運用の結果に対して責任を持つのは、あなた自身なのです。

変額保険=投資であり、投資は自己責任が原則なのだ!

例えば変額保険の運用方法には、こういった選択肢があります。

・株式型
・日本成長株式型
・世界コア株式型
・世界株式型
・債券型
・世界債券型
・総合型
・短期金融市場型

この中から、自分の目的に合った運用方法を”自分の責任”で選ばなくてはいけません。

あなたの選択によって、将来どれくらいの資産が形成できるかが決まるのです。

なのに、投資の知識がなくてどうやって自分に最適な運用方法を選ぶのでしょうか?

 

プロに任せられるのは、あくまでも運用の”実務的な部分”だけです。

「目標を決め、リスクとリターンを見極め、何で運用するか?」とういう選択をプロに任せることはできず、あくまでも”あなた自身の選択”であるということ。

そして、その選択による結果もすべてあなた自身の責任であるということ。

この2つは絶対に忘れないでください。

保険という名前だけで、安易に信用してはいけない

では最初の保険屋さんの言葉をもう一度確認してみましょう。

「 変額保険はプロの投資家に任せられるから、投資の知識はいらないし安心だ」

 

改めて見てみると、どれだけ無責任なことを言っているか分かりますね。

変額保険も、目的に合っていてかつ中身もしっかり理解いているのであれば活用する道もあるでしょう。

しかし、それよりも何よりも、こんな無責任なことを言う保険屋さんに安心できませんヽ(`Д´)ノプンプン

幸い質問してくださった方は、契約直前で思いとどまったそうですが、本当に正しい判断だったと思います。

 

私たちは”保険”という名前が付くと、なぜか無防備に信用してしまう傾向がありますよね。

でもね、いつも言っていますが、保険はあくまでも保険。

保険は万能じゃないし、何でも解決できるわけではないのです。

 

今はiDeCoやNISAなど、資産形成に有利な手段は保険意外にもたくさんあるのですから、そういった手段と比較して考えることが大切。

保険も投資も理解せず勧められるがまま入っていてては、いつまでもお金の不安は解消できませんよ。

 

そんなわけで、変額保険をススメられたらよくよく考慮した上で決断してください。

外貨建て保険も同じです。

すべては自己責任です。

 

最後に私個人の考えを言っておきます。

変額保険はまったくオススメしません。

 

それではまた次回お会いしましょう!!