【朗報】公務員の月給、ボーナスが上がる!?

こんにちは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

平成29年度の国家公務員人事院勧告が出ました。

今日はその件についてまとめてみました!

平成29年度人事院勧告まとめ

その勧告のポイントをまとめると・・・

H29年度人事院勧告のポイント
【月例給、ボーナスともに引上げ】

① 民間給与との較差(0.15%)を埋めるため、俸給表の水準を引き上げるとともに、給与制度の総合的見直しにおける本府省業務調整手当の手当額を引上げ

② ボーナスを引上げ(0.1月分)、民間の支給状況等を踏まえ勤勉手当に配分

【給与制度の総合的見直し】

① 本府省業務調整手当の手当額を引上げ

② 経過措置の廃止等に伴って生ずる原資を用いて、若年層を中心に、平成27年1月1日に抑制された昇給を回復

とのことでした。

月給とボーナス共に上がるということで、久しぶりの朗報ですね。



厳密に言えば、この人事院勧告は一般職公務員に適用されるものであって、特別職国家公務員である自衛官には直接は適用されません。

しかし、過去の状況を見れば、防衛省もこれに準じて適用するので、自衛官も月給&ボーナスが上がると思っていいでしょう。

適用は今年の4月分からで現在すでに8月ですが、遡って適用されるようです。

 

だいぶ前に「退職金が下がる模様」という記事も書きましたが、俸給が上がれば退職金も上がります。

日々厳しい任務、訓練に邁進されている自衛官の待遇が、少しでも改善していくことを願って止みません。

 

この上がったお給料・ボーナスを、あなたはどうのように活かしますか?

将来のために貯蓄を増やしたいなら、こんな方法がオススメです^^

他にもこんな記事を書いています

自衛官も間もなくボーナス日!!B判定とS、A判定ではいくら違う?

11/28人事院勧告が参議院通過、成立へ!防衛省自衛隊の給与・ボーナスアップへ

【給与改定】極秘資料入手で分かった上がる手当、下がる手当。あの手当がまさかの減額