退職金・若年給付金が、65歳の時にいくら残るのか知っていますか?

若年給付金

● 退職金・若年給付金が、65歳の時にいくら残るのか知っていますか?

こんばんは!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

昨日「退職金が下がる可能性が!」という話題をお伝えしましたが、かなり反響がありました。

ここ最近で一番のアクセス数でした。

やっぱりみんな退職金の情報にはアンテナ張ってるんですね。

 

今日は退職金を別の角度から考えてみました。

以前も少しお話しましたが、定年後の貯蓄は65歳までに3000万円を基準に準備することをオススメしています。

 

そして、そこに至るための道のりは2つあります。

 

一つは、退職金・若年給付金とは全く別に3000万円を準備する方法。

もう一つは、退職金・若年給付金も含めて3000万を準備する方法。

 

どちらの道をたどるにせよ、65歳の時に退職金がどれくらい残っているかを予測することは、とても大切です。

それが分からないと、自力で準備しなければいけない額がどれくらいなのかも、分からないからです。

 

そんなわけで「退職金・若年給付金が、65歳の時にいくら残るのか」を試算してみました。

お金の不安をなくしていくために必要なのは、一つ一つの事柄を明らかにしていくことです。

曖昧なことをハッキリ見つめる。

怖いけど目をそらさない!

それをやるだけで、未来はみるみる明るくなっていきますよ!