【検証!都市伝説】退職金に地域手当は関係するのでしょうか?

こんばんは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

今日は年間隊員さんから頂いた『退職金と地域手当』に関する質問にお答えします。

退職金と地域手当に関する質問

退職金について教えていただきたいのですが、退職金に地域手当は関係するのでしょうか?

主人の先輩が地域手当の高い駐屯地に勤務していて、そこで退官するつもりだったのですが、地域手当の低い駐屯地へ転勤になり、そこで退官をすることになりました。

もらえる退職金がだいぶ少なくなってしまうと言っていました。

地域手当は場所により、かなり%が違いますので、退職金にも適用されるなら、かなり受け取る額が変わってきますよね。

さて、この噂は本当なのでしょうか?


結論と根拠

結論から言います。

退職金に地域手当はまったく関係ありませんので、ご安心下さい!

これは退職金の計算式を見てみれば分かります。

退職金の計算式

退職金 = 退職時の俸給 ✕ 勤続年数に応じた倍率 + 階級に応じた調整額

退職金の計算は本当にシンプル。

勤務した場所は違えど、みんな平等になるような計算式になっているのでしょう。

ちなみに言うと、若年給付金も地域手当は関係ありません。

勤務場所が変わっても退職金にはなんら影響はありませんので、安心して勤務を全うして頂ければと思います。

大事なのは正しい知識

やはり大事なのは『正しい知識』です。

知ったふりをしてるだけで正しい知識がないと、ムダなストレスや悩みを生み出すものです。

おそらく質問の中に出てきたご主人の先輩は、地域手当の低い地域に転属になったことを相当気に病んでいたことでしょう。

それを定年までの何年間も、そして定年後も気にしながら行きていくことになります。

本当は退職金と地域手当の間には何の関係もないのに・・・

 

退職金や若年給付金には色々な都市伝説や噂がありますが、鵜呑みにせず疑うことが必要です。

そして正しい知識を得ようとすることです。

あなたも噂や都市伝説に惑わされずに、正しい知識を元に人生設計をしていきましょう!!



他にもこんな記事を書いています

これだけ分かれば計算できる!自衛官の退職金計算に必要な3つのデータ

一瞬で計算できる!自衛官のための退職金&若年給付金計算表