【動画あり】どうする子供の保険!?自衛官だけが使えるコスパ最強の保険を紹介します!!

おはようございます!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

今日は子どもの保険のお話。

子供の保険は手厚くなくていい

今は各市町村などで「子どもの医療費無償化」などの施策をしているので、「こどもの保険は手厚くなくていい」というのが私の基本的な考え。

なので、まずはお住まいの市町村の医療費助成制度を確認しましょう。

保険を考える時は生命保険でも医療保険でも、まずは公的保障をの確認が第一です。

それでもカバーしきれない部分を補うのが、民間の保険の役割であるということを覚えておいて下さい。

 

とは言え「無保険というのも、さすがに不安」という方もいらっしゃいます。

そんな方はどうすればいいのでしょうか?

オススメは二つあります。



オススメ1:県民共済(都民共済、府民共済も含む)

→ 1ヶ月1000円で入院から死亡保障までカバー。少額ですが、先進医療にも対応。

下の表は山形県民共済のものです。各共済によって微妙に違う可能性があります。

※ 山形県民共済HPより抜粋

オススメ2:防衛省生命共済(いわゆる防生共)

→ 1ヶ月250円(1口)で、入院から死亡保障までカバー。先進医療には非対応。

ちなみに3口まで加入できて、一口あたり入院3000円/日、死亡保障70万円。

1歳以上24歳未満の扶養しているこどもが加入できます。

県民共済の方が、保障の範囲は広いですが、防生協の圧倒的な安さは魅力。

私はこちらをオススメしています。

充実の県民共済か、圧倒的コスパの防生共か。

この二つを比較して、ご自分にとってニーズを方を選ぶと良いでしょう。

学資保険との兼ね合いに注意

注意してほしいことは、学資保険との兼ね合いです。

学資保険の中には、学資の貯蓄機能と保障の機能が一体になっているものがあります。

そういった商品は、保障部分にも保険料をとられており、学資の貯蓄機能が低く、元本割れする商品もあります。

 

学資保険に入るなら純粋に貯蓄機能に特化したものがオススメ。

保障部分は今回紹介した共済などに任せましょう。

それぞれの役割をハッキリさせることがポイントです。

 

子供の保険については、こちらの記事も合わせてご覧くださいな。

子供に医療保険をススメられたのですが、どうすればいいでしょうか?

動画でも解説しています

 


他にもこんな記事を書いています

地味に団体保険最強!?防生協の生命共済は保険料節約の切り札だ!!

児童手当のキホンのキ!何歳まで?月いくら?総額何万円?自衛官の注意点etc…徹底解説!!