S判定は陸自だけ!?ボーナス判定が陸海空自衛隊で全然違う件

こんにちは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

先日のYouTubeLiveには50名以上の方が参加してくださいました。

本当にありがとうございました!

次回は12/23(日)2100からですので、また気軽に遊びに来て下さいね。

【12.9生配信】冬の初めのフリートーク!!

さて、本日12/10はボーナスデイ!!ということで、ボーナスに関するトリビアを取り上げます。

S判定は陸自だけだった!

先日の記事でS判定、A判定、B判定の違いを解説しました。

【動画追加】自衛隊も間もなくボーナス日!!B判定とS、A判定ではいくら違う?

この中では当たり前のように『S判定』という言葉を使っていますが、実はそれは陸自だけの表現だったということが分かりました。

海自さんと空自さんではボーナス判定の表現の仕方が違うのです。

個人的にはものすごい衝撃を受けました・・・

まるで秘密のケンミンSHOWみたいな感じです。

「え!これ全国一緒じゃないの!?」みたいな(笑)

では空自さんと海自さんは、ボーナス判定をどう表現しているのでしょうか。



空自はダブルで海自は数字!?

陸自のS、A、Bというボーナスを判定を、空自さんと海自さんはどう表現しているのか?

こちらでお話しました!!

自衛隊とひとくちで言っても、陸海空ではいろいろと違うのですね。

もしあなたが陸海空の違うところを知っていたら、ぜひ教えて下さい^^

他にもこんな記事を書いています

【動画追加】自衛隊も間もなくボーナス日!!B判定とS、A判定ではいくら違う?

なぜ自衛隊は宴会が多いのか、旦那さんの代わりに説明します。

自衛官が株取引などの投資をした場合『副業』になりませんか?