「元自衛官が語る!自衛隊の闇3選」・・・的な話を私がしない理由

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

先日YouTubeのコメントで下記のようなコメントを頂きました。

佐々木さんは自衛隊のいいところしか言わないので、”自衛隊の闇”みたいな話もしてほしいです。

なるほど。確かに「自衛隊の闇」みたいな動画って最近多いですよね。

私がYouTubeを始めた頃よりも元自のYouTuberも増えました。

人はポジティブな話よりもネガティブな話の方が興味を持ちやすいので、「まずは見てもらう」という目的であれば「闇」的な話題の方がよいのでしょう。

でも私はそれをやりません。理由は3つあります。

目次

理由1:そもそも

まず1つ目は、私自身そこまで”闇”を語れるほどの経験をそもそもしていないからです。

私は特科、普通科、司令部(通信科)と多種多様な部隊で勤務しましたが、幸いにも人間関係にも恵まれました。

上司にも可愛がってもらったし、やりたいことは割りかしやらせてもらった方だと思います。

20歳で訳も分からず行った陸教の成績は最悪だったり、レンジャーでケガをして原隊復帰したりと、個人的な挫折というのはたくさんありました。

しかし、人間関係が嫌だとか仕事のやりがいがなさ過ぎるとか、そういった理由で辞めたいというのはあまりなかったかと思います。

特に陸曹になって多賀城の部隊に転属してからは上司にも恵まれて、「自衛隊の仕事も案外面白いなぁ」とてもやり甲斐を持って勤務していました。

そんな感じなので、12年間勤務してあまり「闇」を感じるようなこともありませんでした。単に私が鈍感なだけだったかもしれませんが(笑)

理由2:時間

2つ目の理由は、退職してから時間が経っているということです。

私が退職したのが2014年3月。それから7年半経っているので、そんな昔の経験を元に「闇」を語っても「今は違うから」となるのがオチです。

理由3

そして3つ目。これが一番の理由です。ちょっと長いので動画でお話しました。

何はともあれ、私は自衛隊に対して前向きになれる情報発信をしていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

家計防衛隊メルマガ、週2回配信中

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連コンテンツ



コメント

コメントする

目次
閉じる