3月11日、あの日のノート

おはようございます!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

今日は3月11日ですね。

やはり3.11は特別な日。多くの人の人生を一変させた日です。

あの日はまだ現役で、宮城県の多賀城駐屯地の第22普通科連隊に所属していました。

あの日の私の出来事について、私はノートにメモを残していました。

津波に浸かってボロボロのノートですが、当時のいろいろな気持ちを記してあります。

ボロボロのノートの中身については、下記の記事に書いていますのでご覧ください。

またYouTubeでも話していますので、ラジオ代わりにお聞き頂ければと思います。

この日が来るたびに「ちゃんと人生生きてるかな」と考えます。

自分自身が生き残ったことに意味を持たせられるように、これからも自分の信じる道を進みたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

家計防衛隊メールマガジン配信中!

関連コンテンツ


目次
閉じる