投資信託で運用に失敗したら、積み立てたお金はゼロになるのですか?

投資信託

おはようございます!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

今日は「投資信託で運用に失敗したら、積み立てたお金はゼロになるのですか?」という質問を頂いたのでお答えします。

自分が持っている投信の価値はどう決まる?

その答えを導くためには、まず投資信託の仕組みについて知る必要があります。

 

まず、あなたが持っている投資信託の資産額は「口数 × 基準価額」で決まります。

ここをまず抑えてください。

 

それでは「口数」と「基準価額」ってなんでしょうね。

一つ一つ確認していきましょう。

 

「投資信託を買う」といった場合、私たちは何を買うのでしょうか?

例えば、私はある投資信託に毎月1万円を積み立てていますが、これで何を買っているのでしょうか?

 

実は私達が買った投資信託の数は「口数」で表されます

肉がg(グラム)、ガソリンがL(リットル)で表されるのと同じように、投資信託をどれだけ持っているかは口数で表されるのです。

ここまではイメージできましたか?

 

次に、投資信託の値段のことを「基準価額」と言います。

株の値段が「株価」で表されるのと同じです。

そして、この基準価額というのは必ず「1万口あたり」の値段と表示されています。

 

例えるなら、スーパーの豚肉の価格が「100gあたり100円」で表示されているような感じです。

100g=100円の豚肉を100円分だったら100g、1000円分だったら1000g買えますよね。

それと同じように、1万口=1万円の投資信託を1万円分だったら1万口、10万円分だったら10万口買えるわけです。

 

1万口=5千円の投資信託を1万円分だったら?

2万口買えるということになります。

イメージしずらかったら、豚肉に置き換えて考えてみて下さいね。

 

100g=50円の豚肉を100円分買ったら?

桁が違うだけで、考え方は一緒です。

これが私が開発した「投資信託=スーパーの豚肉理論」です(笑)

 

投資信託が分からなくなったら、スーパーの豚肉に置き換えて考えてみてください。

グッとイメージしやすくなると思います。




スーパーの豚肉理論で考えてみよう!

ここで話は最初に戻ります。

最終的にあなたが持っている投資信託の資産額は「口数 × 基準価額」で決まります。

 

例えば1万口を1万円で買ったとすると、換金する時に基準価額が1万円だったらプラマイ0。

換金する時に基準価額が5千円だったら、5千円にしかならないので5千円のマイナス。

逆に基準価額が2万円のときに換金すれば、2万円になるので1万円のプラスです。

 

これも分からなかったら、スーパーの豚肉に置き換えて考えて下さい。

 

例えば友達に「あなたが持っているその豚肉を、今日のスーパーの価格で良いから売って!」と頼まれたとします。

自分はその豚肉を100g100円で買っていたとして、今日のスーパーの豚肉の値段が100円だったら、損する?得する?

豚肉の値段が50円だった?

豚肉の値段が200円だったら?

その時頭のなかでは、どういう計算をしていますか?

結論!投信の資産価値がゼロになるのは・・・

というわけで、私達が持っている投資信託の価値がゼロになるのは、「口数×基準価額」なので”口数”か”基準価額”のとちらかがゼロになった場合です。

 

基準価額は、株価や豚肉の値段と同じで日々変わります。

しかし、一度手に入れた口数は自分が売らない限り変わりません。

 

つまり、基準価額がゼロになったときに換金した場合のみ、積み立てたお金もゼロになることになります。

 

では、基準価額がゼロになることはあるのでしょうか?

 

投資信託は、何百何千という会社や国債に分散して投資している金融商品です。

こういった性質をもった投資信託がゼロになるためには、分散投資している何百何千という会社の株や国債の価値がすべてゼロにならなければなりません。

これって、あり得ると思いますか?

 

私はないと思います。

大きく下がることはあっても、何百何千という投資先全てがゼロになるってのは考えにくいですよね。

 

というわけで、結論。

投資信託で運用に失敗した場合、元本割れすることはあっても、ゼロになることはほぼあり得ない。

これが私の答えです。

 

とは言え、投信も投資である以上、リスクは常にあります。

投信でリスクをなるべく分散しつつ、着実にお金を育てていくためには、これが何よりも大切です。

これで投資の成果の9割が決まると言われているので、しっかり理解しておきましょう。

 

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした。