保険はエアバックと心得よう!

自衛官の保険

こんばんは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

保険にお金を払いすぎている方の特徴として「ダメージゼロにしようとしている」ことが挙げられます。

入院したとき、通院したとき、癌になったとき、三大疾病になったとき、認知症になったとき、介護状態になったとき・・・

とにかくあらゆるリスクから完璧にダメージゼロを目指してしまっている傾向があります。

多くの人が誤解している保険の役割

多くの方が誤解しているのですが、保険の役割は何か起こった時に「ダメージをゼロにすること」ではありません。

あくまでも「ダメージを和らげる」のが役割です。

 

例えるならば、車のエアバックでしょうか。

車のエアバックは事故のダメージをゼロにはできませんが、ダメージを軽減し生き残る確率を上げることはできます。

ですから保険を見直す際はあらゆる事態のダメージをゼロにすることを目指すのではなく、ダメージを多少軽減できたらOKと割り切ることがとても大切。



保険に入ることより大切なこと

それよりも資産を増やせさえすれば、保険に頼らずとも対処できることも多いのです。

これはご相談の中でもお伝えしているのですが、保険は資産形成と車の両輪。

資産が十分にできるまでの間に守ってくれるのが保険です。

資産さえ十分に形成できれば、いつかは保険を卒業することができる。

だから保険はほどほどに、資産形成に軸足を置くのが王道だと考えています。

 

保険で何もかも守ろうとしない。

ダメージゼロを目指さない。

これを意識するで保険の見直しは凄くシンプルになり、自然と保険料も下がりますよ。

 

保険料は既婚者は2万円以内、独身者は1万円以内が目安です。

保険だけでも、資産形成だけでもダメ。

両方をいかに上手く組み合わせられるかが勝負です!

 

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした。