新隊員入隊間近!自衛官候補生、生徒、防大生、自衛隊の初任給はどれくらい?

こんにちは!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

3月も中旬に入りました。この春入隊予定の皆さんは、「そろそろかー」とドキドキしてくる時期ですね。

そんな新隊員の皆さん、自分のお給料がどれくらいなのかご存知ですか?今日は新隊員本人、そしてそれ以上に親御さんが気になるであろう初任給についてお話します。

目次

自衛官の初任給はどれくらい?

送り出す親御さん。息子さん、娘さんがどれくらいの初任給をもらえるかご存知ですか?

自衛隊という未知の世界へ飛び込むわけですから当然不安も多いことでしょう。

新隊員の訓練は厳しいし、楽しいことも辛いこともたくさんあります。そんな中で、お給料というは大きなモチベーションの1つです。

初任給と一口に言っても一律なわけではなく、入隊するコースによって金額は変わってきます。

① 自衛官候補生 → 130,800円(前期教育終了後 166,500円 加えて任用一時金 176,000円)
② 一般曹候補生 → 166,500円
③ 一般幹部候補生 → 222,200円
(H29年度)

さらに、自衛隊の高校である”高等工科学校”、そして”防衛大学校”在学時には、手当が支給されます。

① 高等工科学校 生徒 → 100,000円(生徒手当)
② 防大・防医大 学生 → 111,800円(学生手当)
(H29年度)

さて、現役の皆さんは自分が新隊員の時の初任給の金額、覚えていますか?

初任給の重み

私の時代は、初任給は封筒で手渡しにされたものです。「佐々木学生、◯◯◯円異常なし!」みたいな感じで言った記憶があります。今でもそうなのでしょうか?

手渡しでもらった時の、あのズッシリ感!始めて手にする十数万円。

「こんなにあったら何でもできるぜ!」そんな無敵感を感じたものです。

「なんでもできるぜ!」というノリでお金を使い始めると、将来お金に苦労します(はい、私です 笑)

何事も最初が肝心。初任給をもらったら、どんな風に使っていくか。入隊前におぼろげでも良いから、イメージしておきましょう^^

動画でも解説しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

家計防衛隊メールマガジン配信中!

関連コンテンツ


目次
閉じる