【マイホーム購入】もしかして住宅ローンにばかり気を取られてない?

こんにちは!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

昨日は多賀城でのご相談に行ってきました。山形は昨日から雪降っていて、峠越えもかなり怖かったです。

そんでもって朝起きたらこんな状態。

東北地方に来る方は、スタッドレスタイヤ必須ですのでご注意下さいね。

目次

変わるのは家賃→住宅ローンだけじゃない!

さて本題です。

昨日の多賀城でのご相談は、マイホーム購入に関してでした。

住宅ローンはどうすればいいか?
金利の変化で、どれくらいの月々の支払額が変わるのか?
団信の三大疾病オプションなどは付けたほうがいいのか?

マイホーム購入というと、住宅ローンにばかり気を取られがちです。

しかし、マイホームを購入する時は、人生の中でも5本の指に入るくらいお金の流れが変わる時。

変わるのは、”家賃→住宅ローン”だけじゃありませんよ。

具体的に上げてみると・・・

・住宅ローンが始まる(支出↑)

・水道光熱費が上がる(支出↑)

・家に合う家具などの購入(支出↑)

・固定資産税等が発生(支出↑)

・火災保険、地震保険への加入(支出↑)

・生命保険を減らせる(支出↓)

・住居手当がなくなる(収入↓)

このように、マイホームを購入すると、基本的には支出が増えて収入が減ります。

そしてこれは、見た目の金額以上に大きなインパクトがあります。

この現実をあらかじめイメージしておかないと、せっかくマイホームを手に入れても、家計が苦しくなり「こんなハズじゃなかった・・・」と後悔することになってしまいます。

住宅ローンインパクトに備えてやるべき2つのこと

そうならないためにも、いちばん大事なのは「マイホームの予算が適正かどうか」を確認すること。

一生に一度だからと大盤振る舞いになりがちですから、一度冷静になって本当にいま必要な設備なのか、オプションなのかどうかを判断して下さい。

回りの人の平均がどうのこうのじゃありません。

あなたにとってどれくらいが適正なのか?です。

合わせて、来るべき住宅ローンに備えて家計をシッカリと最適化すること。

特に保険はガッツリ本気で見直して下さい。

ムダな保険にお金を払っている場合じゃなくなりますからね。

家の予算はシビアに考える。
家計のムダを徹底的に見直す。

この2つをシッカリと行った上で、最終的にハンコを押しましょう。

家は決して勢いで買うものではありませんから!(実体験)

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

家計防衛隊メールマガジン配信中!

関連コンテンツ


目次
閉じる