そんなに早いの!?自衛隊の定年退職は何歳?

おはようございます!家計防衛隊長 佐々木拓也です。

今日は自衛官の定年についてお話します。

目次

自衛隊の定年は早い!

なんて話を聞いたことがあると思いますが、実際に何歳で定年かご存知ですか?

階級によっても微妙に差がありますし、職種によっても違います。

自衛隊は

”定年退職の年齢” = ”退職金の金額” = ”若年給付金の金額”

なので、何歳で定年になるかは非常に大切な問題です。

定年の年齢を決めるのは、大きく2つ。階級と職種です。

それではまずは階級による定年の年齢を確認していきましょう。

階級による定年退職の年齢

令和元年時点における階級ごとの退職年齢は次のとおりです。

将・将補 60歳
1佐 56歳
2佐・3佐 55歳
1尉 ~ 1曹 54歳
2曹・3曹 53歳

階級が上がるほど、定年年齢は伸びていくことが分かりますね。

定年時にどれくらいの階級になっていそうかは、本人であればだいたい予測できていると思うので、ぜひ旦那さんに確認してみて下さい。

ちなみに一番多い層は、1尉〜1曹の54歳定年の方だと思われます。

今後定年延長が予定されています。詳細については、下記の記事を御覧ください。

60歳定年の職種も!

職種によっては60歳定年の場合があります。

次に職種の方は、階級に関わらず定年退職は60歳になります。

医師、歯科医師
・薬剤師
・音楽職種
・警務職種
・情報総合分析、画像処理・通信情報の職務にたずさわる自衛官

職種については旦那さんに確認してみてください。

定年の年齢は、退職金・若年給付金に影響

定年退職が1年伸びると、退職金がお給料1~2ヶ月分くらいずつ増えていきます。

35年で支給率は最大になり、それ以降は支給率は変わりません。

逆に定年が遅い人ほど若年給付金は減ります。

これは若年給付金が「定年退職の早い人の収入の不利を埋めるためにある」という理由からです。

とは言え、生涯年収としては若年給付金をもらうより、現役として働いている場合の方が多いでしょうね。

自衛官は体が資本の体力勝負。これからはますます厳しい任務が増えてくるでしょう。

動画でも解説しています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

家計防衛隊メールマガジン配信中!

関連コンテンツ


目次
閉じる