同じ小隊のSさんに佐々木さんの話を聞いていて、いつか相談しようと思っていました!

こんばんは!

家計防衛隊長 佐々木拓也です。

 

以前、保険の見直しでご相談頂いたUさんの相談事例をご紹介します。

きっかけは同じ小隊の先輩

私にご相談くださったきっかけを伺うと、

「同じ小隊のSさんに佐々木さんの話を聞いていて、いつか相談しようと思っていました!」

とお話してくださいました。

 

Uさんに私のことをお話してくださったのは、3年前に保険の見直し相談をしてくださった同じ小隊の先輩だったSさん。

Sさんはもう転属して遠くにいってしまったのですが、そのSさんが部隊で私のことを話をしてくれていたこと。

そして、それが後輩のUさんの背中を押してくれたそうです。

これは嬉しいです^^

2年分の昇給と同じ見直し効果が!

Uさんは、団体保険のみの加入で、民間の保険には入っていませんでした。

しかも団体生命はもちろんのこと、団体傷害、団体医療、防生協、全て満口加入。

団体保険だけで2万円近くの保険料になっていました。

 

これを家族構成などを元に一生涯の支出&収入を計算した結果、なんと保険料が13,000円も削減できることが分かりました。

年間じゃありません。

月13,000円です。

2年分の昇給と同じ効果ですね^^

 

Uさんは民間保険に加入していなかったので、民間の一生涯保証の医療保険も加入する予定です。

団体保険を見直した13,000円があれば、若いご夫婦なので充実した内容で加入してもお釣りがきます。

例えトータルの保険料はあまり変わらないとしても、中身は見違えるほど充実しています。

 

なんにも考えずにこのまま団体保険満口を続けていたら・・・

もし先輩Sさんの話をきいていなかったら・・・

きっとこの先のUさんの人生は大きく変わっていたでしょう。

たった2時間で得たもの

今回の保険の見直しに使った時間は長い人生の中のたった2時間でした。

しかし、今日得たものは一生モノです。

 

私が大事にしているのは「こういう保険に入ってね」ということではなく、「こういう考え方で保険を考えてね。」ということ。

 

一度「保険の入り方」が分かれば、この先もう誰に聞かなくても保険を見直すことができます。

保険屋さんに声をかけられても、その人が「自分の成績のために話している」のか、「本当にお客さんの為を思って話しているのか」が分かるようになります。

もう2度と保険で悩むことはなくなりますよ。

 

それでは家計防衛隊長 佐々木拓也でした。