どの保険が一番重要なのか

こんにちは!家計防衛隊 佐々木です。

保険は想定されるリスクに備えるものですが、「全てのリスクに備えられるか」と言えばそういう訳にはいきませんよね。

なぜならば、支払える保険料には限界があるからです。

だからこそ、自分にとって備えたいリスクに優先順位をつけて、「優先順位の高いものから備えていく」ということが大切になってきます。

では、備えたいリスクの優先順位は、どのように考えればいいのでしょうか。

目次

どちらのダメージが大きい?

私は「自分の家計では受け止めきれないリスクから順番に備えていくべき」と考えています。

もっと簡単に言うと「起こってしまった時にダメージが大きいものから備えていく」と言ってもいいかもしれません。

例えば、

・旦那さんが亡くなった時
・旦那さんが入院した時

であれば、あなたにとってどちらがダメージが大きいでしょうか。

佐々木家であれば、やはり私が亡くなった場合の方がダメージが大きいと思います。

なぜならば、私の収入がすべてなくなり、子育ても妻一人でしていくことになるからです。

遺族年金等である程度ダメージは吸収されるとは言え、それだけで吸収しきれるものではありません。

よって、吸収しきれないダメージを「生命保険でカバーする」という考え方になります。

どこまで自力で耐えられるか

入院については、”医療費の発生”というの支出面では”高額療養費制度”等の医療の負担軽減制度があるので、支出の限界はある程度想定できます。

仕事ができないことによる収入減は、有給や傷病手当金などである程度カバーすることができますし、しばらくの間は貯金を取り崩すことで耐えられる可能性が高いです。

よって、医療保険や傷害保険といった保険に関しては、生命保険よりも優先順位が下がるということになります。

それでは、自動車保険などの損害保険の分野はどうでしょうか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

家計防衛隊メールマガジン配信中!

関連コンテンツ


目次
閉じる